プリペイドカードってなに?クレジットカードとの違いやおすすめカードの選び方

キャッシュレス化が進んでいる昨今、プリペイドカードというものが注目を集めていますね。

多くの種類があり、一度は使ったことがあるという方も少なくないでしょう。

しかしそもそもプリペイドカードというものがどのようなものを指すのかいまいちわかっていないという方もいらっしゃるかもしれません。

ここではプリペイドカードの概要や種類、使用方法やメリットなどをご紹介します。

プリペイドカードとは

そもそもプリペイドカードとはどのようなものかと、ずばり前払い式のカードになります。

事前にカードを購入してそのカードに現金を入れておくことができるチャージタイプと、あらかじめ金額が決まっている、または自身で好きな金額を決めたカードを購入する使い切りタイプの2種類があります。

前者はSuicaやPASMOなどが該当し、後者はiTunesカードやGoogle Playカードなどに該当します。

使い切りカードの場合はコンビニなどでも多くの種類を購入することができ、使用デバイスやサービスなどによって細かく分かれているのが特徴的です。

使用に会員登録なども不要なため、プレゼントとしても喜ばれることでしょう。

チャージタイプのプリペイドカードとクレジットカードの違い比較

最近ではVISAやJCBなどクレジットカードのように国際ブランドがついたプリペイドカードも発行されています。

これらのカードは審査不要で持つことができるものがほとんどであり、18歳以下でも持つことができるものも少なくありません。

チャージした分のみの使用となるため、使いすぎを防止できたり子供に持たせておくこともできるでしょう。

ニックネームなどを使うことができるものもあるため、名前を知られたくない場合の買い物や海外旅行のときなどに持っていくといった使い方も可能です。

一方で国際ブランドがついていても支払い方法は一括のみであったり有効期限があったり、サービスによっては使用できないことがあるなどデメリットも存在しています。

クレジットカードを持ちたいけれども様々な事情で持てない、クレジットカードより手軽に使いたいという方にはチャージ式プリペイドカードはオススメできるといえるでしょう。

チャージタイプのプリペイドカードを選ぶときのポイント

プリペイドカードを選ぶ際にはいくつかポイントを意識しておくのがオススメです。

まず1つ目が先に述べたとおり国際ブランドがついているカードを選ぶという点です。

国際ブランド付きのものを選ぶことで加盟店でも使うことができるようになります。

クレジットカードのように使いたいのであれば、必須条件であるといえるでしょう。

チャージの方法が複数用意されているカードを選ぶというのもオススメポイントです。

コンビニやATM、スマートフォンやクレジットカードなど様々なチャージ方法があるため、それらの選択肢がなるべく多いカードを選びましょう。

プリペイドカードはチャージをしなければ使うことができないという不便な面があるため、その面倒を少しでも軽減するためにも確認しておくと安心です。

また、普段利用しているポイントがつくカードを選ぶのもよいでしょう。

還元率が高いものを選べば、よりお得に買物を楽しめるようになります。

少し前まではプリペイドカードというと使い切りというイメージが強かったものですが、最近はクレジットカードと同じように使うことができるものも増えてきました。

審査不要で持つことができるものがほとんどなため、誰でも持ちやすいという魅力があります。

クレジットカードを持つことが難しいのであればチャージタイプのプリペイドカードを上手に活用して、より便利かつお得に買物を楽しみましょう。

プリペイドカードは有効期限があるの?期限切れのリスクは?

一見購入したプリペイドカードには、有効期限など無いと思いがちです。

しかし実はプリペイドカードにも、有効期限というものがあります。

しかもこの有効期限、カードの発行元によっても違ってくるのです。

有効期限が切れた場合、最悪中のお金が無になってしまうこともあります。

自分の持っているプリペイドカードの有効期限、把握しておくことをおすすめします。

キャッシュレスの代表プリペイドカード有効期限を知っておこう

今やキャッシュレスも花盛りの時代、現金自体を持ち歩かなくなっている人も少なくありません。

そのキャッシュレスの中でも、使い勝手のいいいのがプリペイドカードです。

情報流出とかの心配もあまりなく、手軽に使えるのが嬉しいですね。

でもそのプリペイドカード、忘れがちですが重要な問題があるのです。

つまり、有効期限です。

これを把握しておかないと、結果損してしまうことにもなるのです。

プリペイドカードの有効期限について、考えていきましょう。

プリペイドカードの有効期限って決まっているの?

考えてみるとプリペイドカード、最初にお金を払って購入しているのですから、ずっと使えそうな気もしますよね。

でも有効期限設定というもの、厳然としてあるのです。

財布に入れっぱなしで忘れてたなどということがあると、有効期限を過ぎましたで、利用不可になることもあるのです。

そしてここで厄介なことが1つ、カードつまり発行した会社によってこの有効期限、差があるのです。

大手のプリペイドカードの場合、5年というものが結構ありますが、1年程度での設定のカードもあります。

自分の持っているプリペイドカードの有効期限、確認しておくことが必要ですね。

ちなみにこの有効期限の確認の仕方ですが、殆どのカードの場合カード表面もしくは裏面に記載があります。

文字が小さいので見逃してしまうかもしれませんが、購入した時にチェックしてメモっておくと、忘れずに済むのでオススメです。

有効期限は購入時に確認、これを憶えておいてください。

加えてある一定の期間、半年とか1年とか発行元によって違いますが、使用していない場合、有効期限切れになるというカードもあるので、その点も確認が必要ですね。

有効期限お切れたカードの残高はどうなる?

有効期限が過ぎているのでこのカードは使えません、の表示が出ると本当にパニクってしまいますね。

中に入っているお金はどうなるのだろう、結構チャージしてあったはずなのに全部ぱあになってしまうのか、などと慌てふためくのは当然のことです。

これもカードを造った時に、予め確認しておくのがオススメです。

カード利用のための冊子などあったら、よく読んでおきましょう。

というのも、これも有効期限の長さと同じく、カードの発行元によって違いがあるのです。

払い戻しの期間が設定されていて、その期限内なら残額を払い戻してくれる会社もあります。

一切返金は不可、と言う会社もあります。

これが最も悲惨です。

また、有効期限月の1年前以内とか3年前以内などのそれぞれの設定の期間に、チャージや利用があった場合には新しいカードに残額引き継ぎという会社もあるのです。

自分の持っているカードがどれに当たるのか、これもよく確認しておきたいですね。

プリペイドカードの有効期限まとめ

プリペイドカードは手軽に使えますし、普段良く利用するお店のカードを作っておくと、キャッシュレスで買い物ができるので便利です。

ただプリペイドカードの場合、お金を出して買い取っているのでつい、有効期限については忘れてしまうということもあります。

よく行くお店なら、そろそろ有効期限ですねとかの言葉をかけてくれるところもあります。

しかしつい勢いで作ってしまったプリペイドカードの場合、あまり普段は利用しない店だったりすると、つい財布に入れっぱなしで忘れるということもあるのです。

忘れた挙げ句、有効期限が切れてしまい最悪、入っていたお金が全部無に帰すということだって,無いとは限りません。

プリペイドカードの管理、しっかりしたいものですね。

そしてあまり利用しないような店でのリペイドカードは作らない、これが最も安全で安心なのは言うまでもありません。