手元にお金が無い!パニックを起こす前にちょっとだけ冷静に身の回りをチェックしてみよう

お金がないとパニックになる前に

ふと気がついたら現金が手元になくて、パニックを起こすことって結構ありますね。

パニックのあまりつい消費者ローンに駆け込んでしまうことも、これもあることです。

まあそれももちろん間違いではありませんが、でもそれ以前にやれることもあるんですよ。

まずは身の回りからチェックです

家の中を見てみよう

家の中を見るって言っても、何時も見慣れた家具とかがあるばかり、特に売れるものもなさそうだとサクッと諦めてしまいます。

でもこれ意外と売れるものがあるということ、見逃さないようにしたいですね。

自分では特に価値がなさそうに見えるものでも、収集家にとっては価値のあるものもありますし、ちょっと査定してもらうと言う手もあります。

昔のプラモデルなど、そっち方面の収集家にはかなりの高値で売れるものです。

でもお金がない時、そんな査定なんて言う悠長なことしていられない、切羽詰まっているんだという時には、他の手ももちろんあるんです。

見落としがちなことだけど

お金が十分にある時には、特にチェックせずにいるのがギフト券などの金券です。

商品券もそうですし、Amazonギフト券などの金券ももちろんそれですね。

普通の商品券だと紙でできているので、もらったりした後につい引き出しに入れてそのままということもあります。

特に利用場所の限られる、デパートや量販店の金券の場合、あまりそう言った店を使わない人には無用のものです。

でもせっかくもらったからと、しまい込んでいるということは結構あるのです。

ちょっと引き出しとか、家具の上においてある箱とかの中身をチェックしてみましょう。

貰い物で、でも使わずに放り込んでおいた商品券がザクっと出てくることってあるんです。

大手のデパートや量販店の商品券なら、かなりの買取率で金券ショップが引き取ってくれます。

ただ株主優待券の場合は、使用期限があるものが多いので、その点は注意が必要ですね。

ネットでも買取は盛ん

以前はもちろん紙の商品券が一般的でした。

なので金券ショップでも普通の店舗を構えているところで、買取を頼む必要がありました。

でも今では、ネットで多くの買取業者が営業をしています。

普通の紙の商品券でも、郵送での買取をしてくれます。

いちいち店に行かずに済むので、面倒もありません。

また紙の商品券やギフト券でない、ネット型の商品券もありますね。

Amazonギフト券などが代表です。

こうしたギフト券の場合は、リアル店舗での買取は結構難しいのです。

なのでネットの業者に頼むのが最もおすすめですね。

うまく行けば買取査定から振り込みまで、1時間もかからずにやってくれますので、お金に困った時にはこれを利用しない手はありません。

実際Amazonギフト券などは、贈り物として非常に喜ばれるので、近頃ではギフトの定番になっています。

でもこれ、直接手渡ししないので余計忘れやすいんですよね。

なのでちょっとメールボックスを漁ってみると、未登録のAmazonギフト券が出てくることが多いんです。

お金がないと焦った時には、自分のメールボックスのチェックもしてみてください。

これ意外と気が付かれずに放置されているギフト券、あるのですよ。

お金が手元にないというのは、このキャッシュレス時代にもちょっと心細くなるものです。

でも焦って消費者ローンなど利用する前に、まず家の中のチェック、次にメールボックスのチェックを心がけてみて下さい。

ローンを組むのは面倒はないんですが、借りたという記録が残りますね。

それが嫌という人の場合、まずは手元をよく見ましょう。

こうした金券やギフト券、意外と忘れたまま放置ということが多いのです。