電子マネーの中でも導入しやすさで人気となっているプリペイドカード

キャッシュレス決済を推進する動きとなってきていますが、クレジットカードは持ちたくない、カード払いに抵抗があるという人もいるでしょう。

そんな場合は、キャッシュレス決済の中でもプリペイドカードの活用を考えておくと良いでしょう。

プリペイドカードといえば、500円や1000円の使い切りタイプのカードをイメージする人もいますが、繰り返し何度もチャージできるカードもあります。

キャッシュレス決済初心者にプリペイドカードが良い理由、導入するメリットなどを簡単に見ていきましょう。

クレジットカードとの違い

プリペイドカードの特徴は、誰でも気軽に導入できることです。

クレジットカードの場合は、カードを作るために審査を受ける必要があるだけでなく、カードのランクによっては年会費なども必要となります。

それに対し、プリペイドカードの場合は審査なしに購入をすることができる上に、年会費などもかからないことが殆どです。

そのため、収入や雇用形態などの問題でクレジットカードの審査に対し不安を感じる人でも、プリペイドカードであれば気軽に導入することができます。

残高が減れば、チャージをする手間が必要となりますが、手軽にキャッシュレス決済を導入したいという場合は、プリペイドカードを持つという選択肢を検討してみると良いでしょう。

プリペイドカードの中でも、ポイントが貯まるタイプのカードを選べば、お得に買い物をすることができます。

使い過ぎの心配がない

プリペイドカードのメリットは、残高が見えることです。

利用限度額が高く設定されているクレジットカードや、口座と直結しているデビットカードや電子マネーを持っている場合、気づかない間に使い過ぎてしまうという人は少なくありません。

さらに、手持ちのお金に関わらず買い物ができる状態になれば、つい高額商品にも手を出してしまうという人もいます。

それに対し、プリペイドカードの場合はチャージの上限が数万円など低く設定されていることが多い上に、手軽に残高の確認もできます。

キャッシュレス決済を導入すると、金遣いが荒くなってしまうのではないかと不安を感じる人もいるでしょう。

そんな不安を抱える人でも、プリペイドカードという形であれば、計画的な買い物をすることができるでしょう。

ネットショッピングでも使える

プリペイドカードといえば、実店舗や公共交通機関で使うもの、クレジットカードのようにネットショッピングでは使えないというイメージを持つ人もいるでしょう。

しかし、プリペイドカードの中にはネットショッピングなどにも対応したものがあります。

ネットショッピングにも対応したプリペイドカードがあれば、決済画面でカード番号を入力するだけで、手軽に決済を済ませることができます。

勿論、実店舗で使う時と同じように、支払いは前払いとなり買物前には支払いに必要な金額をチャージしておかなければいけません。
そのため、クレジットカード払いと比較すると、少し手間がかかることになりますが、申し込みと同時にその場で決済ができるのは大きなメリットと言えるでしょう。

ネットショッピングをする機会が多くても、クレジットカードは作りたくないという場合などは、プリペイドカードの活用を考えておくと良いでしょう。

様々な事情で、クレジットカードを持ちたくないという人もいれば、審査に不安を感じる人もいます。

そんな人でも、無審査で利用できるプリペイドカードであれば、手軽に持つことができます。

普段使う店舗で使えるプリペイドカードを所有していれば、スピーディな支払いができるようになります。

さらに、最近ではネットショッピングにも対応したプリペイドカードも出てきています。

手軽にキャッシュレス決済を導入したい時は、プリペイドカードという選択肢も検討しておくと良いでしょう。