コンビニの店頭で購入できるプリペイドカードをシーンに応じて上手に活用しよう

各種決済のキャッシュレス化が進むなかで、注目度を集めている決済ルーツのひとつがプリペイドカードです。馴染みのある大手コンビニエンスストアの店頭で購入できるプリペイドカードにはどのような種類があるのでしょうか。様々なプリペイドカードの特性や使用用途を知って、上手に活用するためのヒントをご紹介します。

LINEプリペイドカード

スマートフォンで使用するSNSのなかでも、特に利用者が多いLINE。LINEのトーク内で使用するスタンプをはじめとするデジタルコンテンツを購入する際に便利なのが、LINEプリペイドカードです。LINEプリペイドカードは、LINE STORE内での支払いに使うことができます。LINEウェブストアを開いて、カードの裏面に印刷されている英数字のコードを入力し、チャージして使用して下さい。スタンプや絵文字、着せ替えを購入できるだけでなく、LINE系列のゲームで使用するアイテムを購入したり、占いやマンガの支払いに充てるコインを購入したりできます。LINEプリペイドカードを利用する際に覚えておきたいのが、このカードが使えるのはLINE STORE内に限るという点です。LINEの電子決済サービスであるLINE Payにチャージするといった使い方はできませんので、十分に注意して下さい。

App Store & iTunes ギフトカードカード・Google Play ギフトカード

次にご紹介するのは、スマートフォンのアプリや音楽・映像等の購入に充てられるプリペイドカードです。i phoneユーザー向けのApp Store & iTunes ギフトカードカード、Androidユーザー向けのGoogle Play ギフトカードです。デジタルコンテンツを購入する機会が多い人は、プリペイドカードで予めチャージしておけば、いつでもスムーズに決済ができます。いずれのカードも、最低金額は1,500円で、幅広い金額のカードが販売されているため、用途や予算に合わせて購入可能です。App Store & iTunes ギフトカードカード及びGoogle Play ギフトカードは、スマートフォンの普及率が上がるなかで、ギフトとしての需要も高まっている人気のプリペイドカードです。

DMMプリペイドカード

DMM.comが販売するDMMプリペイドカードは、DMM.com提供のサービスを購入する際の支払いに使えます。DVDやCDのレンタル代を支払ったり、電子書籍を購入したり、と幅広いエンターテインメントの支払いに使えるだけではありません。スーツケースや電子機器、イベント用品など、使う機会が少ない物をレンタルできる便利なサービスとして注目を集める「いろいろレンタル」の支払いに充てることもできます。

楽天ポイントギフトカード

楽天ポイントギフトカードは、楽天が提供する多様なサービスの支払いに利用できます。購入金額分の楽天スーパーポイントをチャージして支払いに充当できます。ネットショッピングで人気の楽天市場をはじめ、旅行や宿泊の予約ができる楽天トラベル、本やCD・DVDを取り扱う楽天ブックスなどで使用でき、大変便利です。

いかがでしたでしょうか。コンビニエンスストアの店頭に並ぶプリペイドカードを目にしたことはあるけれど、まだ使ったことはないという人がいれば、今回の記事を参考にしてプリペイドカードを活用して下さい。快適な支払いができるプリペイドカードの特性を知り、デジタル化が進む現代社会で生き生きと暮らしてゆけるようにしましょう。

コンビニでの支払いなど様々な場面で便利に使えるプリペイドカードの魅力

プリペイドカードは、コンビニやスーパー、公共交通機関など様々な場所で便利に使うことができます。

贈り物などに使われる使い切りタイプの他に、チャージをして繰り返し使えるタイプのカードも人気となっています。

プリペイドカードがあれば、支払いをスピーディに済ませることができるだけでなく、ポイント付与や割引の適用などお得な特典を受けられることもあります。

日本でも普及率が高まってきているのが、キャッシュレス決済です。クレジットカードや電子マネー払いなど様々な方法がありますが、その一つとなるのがプリペイドカード払いです。プリペイドカードがあれば、コンビニなどで現金を出すことなく支払いを済ませることができます。そんなプリペイドカード払いの特徴やメリット、そして便利な活用法などを簡単に見ていきましょう。

プリペイドカードとは

コンビニや飲食店での支払いなど、様々な場面で便利に活用できるプリペイドカードとは、予めお金がチャージされたカードのことです。
チャージされている金額はカードによって異なり、500円程度の少額のカードから、1万円などまとまった買い物に使えるカードもあります。使い切りのカードの場合は、チャージされている金額を使ってしまうとそれ以上支払いに使うことはできません。しかし、チャージ可能なカードの場合は、残高が減ってもチャージを繰り返すことで便利に活用可能です。電車やバスなど公共交通機関に乗るためのカードも、チャージ型プリペイドカードの一つです。
お祝いなど、贈り物としてプリペイドカードを購入したい場合は使い切りタイプ、よく利用する店での支払いに使いたい場合はチャージ可能なタイプなど、用途に合わせて使い分けをしていくと良いでしょう。

プリペイドカードのメリットは

支払いにプリペイドカードを使うメリットは、お釣りのやり取りなどの手間がなく、スピーディな買い物ができることです。勿論、チャージされている金額が少ない場合は、足りない分を現金で支払うなどの形となります。しかし、お釣りが出ない範囲の買物であれば、スピーディに支払いを済ませることができるでしょう。

さらに、使い過ぎを防ぐことができるというメリットもあります。口座と直結したデビットカードや電子マネーなどでの決済の場合、気が大きくなり無駄な買い物をしてしまうことは少なくありません。それに対し、プリペイドカードの場合はチャージされている金額に限りがあるため、使い過ぎを防ぐ効果を期待することができます。
使い過ぎで悩まない形で、キャッシュレス決済を導入したいという場合は、プリペイドカード決済の導入から始めてみると良いでしょう。

導入前に確認しておきたいこと

繰り返し使いたい場合に便利なチャージ型プリペイドカードを導入する前に、確認しておきたいことがチャージ方法です。
プリペイドカードへのチャージは、端末やレジから行う形が一般的です。それ以外にも、銀行口座からチャージできるタイプもあります。

手軽に支払いを済ませたい時に便利なプリペイドカードですが、チャージできる端末が少ないなど、チャージをするチャンスが少ないカードであれば不便さを感じてしまう可能性があります。

それだけに、チャージ型プリペイドカードを導入する前には、どこでチャージができるか、チャージ可能な端末が身近にあるかなどをしっかりと確認しておくことが大切です。

さらに、プリペイドカードの中にはポイントが貯まったり、割引が適用されたりするなど、お得な特典が付いたものもあります。ただキャッシュレス決済を導入するのではなく、お得さにもこだわりたいという場合は、特典などを比較検討した上でカードの導入を進めていくと良いでしょう。

お金がチャージされており、コンビニなどの決済に使えるプリペイドカードは、手軽にキャッシュレス決済を導入できることで人気となっています。

そんなプリペイドカードには、贈り物などに最適な使い切り型、普段の買い物などに便利なチャージ型があります。使い道などを考えた上で、最適なカードを選ぶようにすると良いでしょう。

チャージ型プリペイドカードの場合、決済を楽にしてくれるだけでなく、ポイントが貯まるなどお得な特典がついてくることもあります。