【平和の書店】[平和]


[ホーム]
【平和の書店】メニュー



平和省プロジェクトが薦める本・DVD・CDを紹介します。是非、読んでください、聴いてください。
バナーの中の本の写真をクリックすると、詳細ページにジャンプします。
[前のページ]                                  [次のページ]
この本の推薦者
 藤野 龍一

推薦の言葉

まず、本に着いている帯から紹介、「コスタリカには本当に軍隊が無いのか、軍隊が無くて大丈夫なのか・・・私は研究者としてコスタリカを調査し、生活者として現地に住んだ。
その成果と感覚を通じて、「等身大のコスタリカ」を紹介したい。

コスタリカへの幻想を砕き、本当のコスタリカを教えてくれる本だ。
日本が同じことをできるということでは無いが読む価値があると思う。
この本の推薦者
 きくちゆみ

推薦の言葉

この本はローフードで華麗な変身を遂げた石塚ともさんのデビュー作で、きくちゆみが企画と出版を担当しました。
アリゾナ州セドナを舞台に行われたローフード実験の40日間の記録ですが、これ1冊でローフードの理論からおいしいレシピまでついている欲張りな本です。
ともさんの作ったローフードを40日間食べた65歳の女性に驚くべき変化が起こりました。
ローフードはあなたと地球を両方元気に美しくする食べ物だと私も思っていますので、推薦します。
この本の推薦者
 きくちゆみ

推薦の言葉

『地球と一緒に生きる』の続編。
環境問題の解決をライフワークとして活動を続けてきた著者に911事件をきっかけに、戦争を止める(なくす、無効にする)、平和を創る、というライフワークが加わり、活動の幅が広がり、生き方・暮らしかたそのものを変えたきくちゆみを丸ごと知ることができる1冊です。
最終章は『9.11事件の省察』からの再録。

現代社会のスピリチュアルな真相:著者のスーザン・ワードと息子マシュー(17歳で逝去)のテレパシー通信の最新情報を森田玄ときくちゆみがまとめた。
これまで米国で「マシューブック(1−4巻)」が発行されているが、それとは別の、毎月発行されている「マシューくんのメッセージ」の翻訳本。
内容は政治、経済、食、環境、911事件、大統領選挙などに及び、興味深い。
[前のページ]                                  [次のページ]